肌が綺麗になる

美容効果を最大限に引き出すためには

プラセンタは、哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスで、アミノ酸やビタミン類など多種な成分が凝縮されています。1950年代から医療機関にて肝硬変や更年期障害及び乳汁分泌不全などの治療にプラセンタ薬が使用されるようになりました。最近では、生プラセンタの美容効果が特に注目を集めています。生プラセンタを快適に使用する方法でお勧めなのが、ライン使いです。ライン使いとは、一連の化粧品すべてに生プラセンタが入っている商品を、正しい順番で使うことです。ライン使いにより、1回のスキンケアに必要なプラセンタの量を自分で調整する必要ない、スキンケア製品との美容の相乗効果が得られアイテム同士の相性やバランスがよくなります。

生プラセンタの相場はどれくらい

生プラセンタを配合している化粧品は価格的には少し高めの金額設定となっています。 特定時期にしか手に入れることができないほか、もともと入手できる量も限りがあることがあり、希少価値が高いのです。プラセンタを製品化する際に加熱していないため、膜を利用して濾過する非加熱製法が採用されています。加熱殺菌をしないで安全性も確保するというこの製法がコストを高くしている一つの要因です。相場としては、美容品は、1個あたり1千円から3千円程度が相場になっており、高いものでは1万円以上の値段がするものもあります。化粧品メーカーが独自に開発・研究している物質などを含んでいる場合には相乗効果が期待されますが、価格がかなり高くなり、1万円から2万円程度の商品が主流です。

このエントリーをはてなブックマークに追加